テーマ:■精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪

■斎藤茂太

斎藤茂太のプロフィール 著書一覧 斎藤茂太(さいとう しげた/1916年3月21日-2006年11月20日/男性)は、東京府東京市(後の東京都/東京23区)出身の精神科医・作家。愛称は「モタさん」。医師として斎藤病院名誉院長や日本精神病院協会名誉会長、アルコール健康医学協会会長を務めた他、数多くの著書を出版し作家とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●ヘーゲル

ヘーゲル ヘーゲルは1770年、シュトットガルトに生まれます。牧師を目指してテュービンゲン大学で神学を学び、この地でシュリング、ヘルダーリンと出会います。哲学に関心をもったヘーゲルは卒業後、カントと同様に家庭教師となります。1801年にイエナ大学の私講師となり、このころシェリングと共同で『哲学批判誌』を刊行します。その後はニュル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■不安神経症…

■不安神経症の根源 あらゆる不安神経症の根源を(母胎)から離れることへの(不安)と説明もあります。 フロイト へ-ゲル バッハオ-フェン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■離人症・・・

■離人症・・・ 具体的には、自我意識に関する訴えとして、 自分が存在する実感がない、自分が見知らぬ人間であるように感じる、自分が生きている感じがしない 自分が自己の体から一体性を失って体験されるような症状が体験されます。それは、たとえば現実感がないといった抽象的な感覚から、自分が自分の体から離れて自分を見ているような体験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■異数の世界とは…

■異数の世界はどこにあるのでしょうか? それは(不安、不信、恐怖、不確定)の先に見えてくるもの … だから 一般のかたと違う地平にあります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●恐怖症

恐怖症の特徴 恐怖が長期間にわたって続き、一過性ではない。 小さいときに恐ろしかったことでも、普通は成長するとと もに 弱くなるものなのですが、恐怖症ではむしろ強まっ ていきます。 強い恐れや苦痛に抗しきれず、行動面でおそれや苦痛の原 因 となる特定の場所・物・状況を意識的に避けることで す このおそれが客観的にみて不合理で無意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■【自主制作アニメ】思春期/福田美由紀

【自主制作アニメ】思春期/福田美由紀 http://www.youtube.com/watch?v=o3mYJQ0MNpE&feature=fvwrel 反抗期子育て乗り切りマニュアル—52人の先輩ママ体験談に学べ! (Como子育てBOOKS)主婦の友社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★秋田県、自殺率全国一 その裏にあるもの

秋田県、自殺率全国一 その裏にあるもの 産経新聞9月23日(日)14時10分 毎月、岩手県釜石市に行って、東日本大震災で被災した自営業者の再建にもかかわっているNPO法人「蜘蛛の糸」の佐藤久男理事長=秋田市大町  10日朝、秋田市のJR秋田駅東西連絡通路「ぽぽろーど」で、「世界保健機関(WHO)世界自殺予防デー」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★障害者差別、9割が「ある」=4割が施策に不満—内閣府調査

障害者差別、9割が「ある」=4割が施策に不満—内閣府調査 時事通信9月22日(土)17時12分  内閣府は22日、「障害者に関する世論調査」結果を発表した。それによると、障害者に対する差別や偏見があると答えた人は2007年2月の前回調査と比較して6.3ポイント増加し、89.2%に上った。障害者差別が改善されていると考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■抗不安・睡眠薬依存(11) 市販薬乱用しデパス食べる

抗不安・睡眠薬依存(11) 市販薬乱用しデパス食べる 薬局で簡単に手に入る鎮痛剤やせき止め、風邪薬などの服用をきっかけに、市販薬や処方薬の薬物依存に陥る人もいる。  北関東の30歳代の女性は、2人目の子どもの出産後から激しい頭痛に悩まされ、約10年前、薬局で鎮痛剤のナロンエースを購入した。服用量は当初、きちんと守って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★統合失調症に関わる遺伝子解明

統合失調症に関わる遺伝子解明 統合失調症の発症に関わる神経の機能異常と、それに関わる遺伝子を、滋賀県立成人病センター研究所の谷垣健二専門研究員たちが明らかにし、「トランスレーショナル精神医学誌」に発表した。統合失調症の新薬開発につながる研究として注目されている。  脳には、興奮性と抑制性の神経細胞があり、統合失調症の患者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more