テーマ:「死にたい」20万件

■ 自由人

そろそろ(ひきこもり)という言葉を やめませんか? 私はそれに代わる言葉として 自由人を提唱したいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム ひきこもり

ひきこもり こころに巣くう巨大化したモンスター ここからの脱却する方法論が あるのかないのかが 重要です。 【和田心理カウンセラー】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム ひきこもり

ひきこもりが 犯罪予備軍扱いされていること が非常に残念です。 行政は広報をしっかりお願い致します。 ひきこもり問題は 徹底した個別対応が必要です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本のちから 和田心理カウンセラーでは 強迫神経症に(絵本)がはたす役割を研究しております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム ひきこもり

最近のひきこもりの状況にかんして 明らかに事実誤認されておられる方々が 非常に多く見受けられます。残念ながら 精神分析が日本の現状に追い付いていない様です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ PTSD…

PTSDによるフラッシュバックは 心理療法で完治レベルは可能ですが、 今 問題になっているのが、 フラッシュフォワードという 将来にたいする恐怖です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 幼少期のトラウマ

幼少期のトラウマはすごいですね・・・・ 強迫観念による精神疾患でいかに大勢のかたが 苦しんでいるいることか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 不安感

思い込みがあなたを振り回します。 まずは大局から見てみましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【メール相談】 不安神経症で永年お困りの方 お気軽にメール下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 里親制度

激しい虐待などで、実の親と暮らすことが難しくなった子どもは、児童福祉施設や里親に託されます。政府は家庭的な環境で子どもたちを育てられるよう、施設での養護から里親への移行を進める方針です。しかし里親など、家庭的な環境で育てられている子どもは、2016年度末の全国平均で18.3%にすぎません。 【関連画像】虐待を受けた子を含め5人の里…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 貧困

 健康保険証がなかったり、診察代が払えないといった理由で病院に行けないまま症状が悪化し、埼玉県内で去年、5人が死亡していたことがわかりました。  午前3時。夜明け前から鶏にえさをやるのは埼玉県に住む71歳の男性です。月5万円の年金と養鶏で得た数万円の収入で、生活をしています。  養鶏場の事務所に置かれていたのは妻の遺骨。去年10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ ゆるキャラは大変

町  猛暑のピークは過ぎたようだが、残暑も厳しくなりそうな今夏。地域の魅力をPRするゆるキャラたちも、熱中症対策が欠かせない。着ぐるみの中はサウナのような暑さになるため、10~15分に1回は休憩を取り、小まめに水分を補給するという。ただ「『中の人』はいない」という設定のキャラクターが多く、「人前での水分補給が難しい」との苦労も。夏休み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ プラハの春

旧チェコスロバキアで1968年、民主化を求める運動が全土に広がった。しかし、旧ソ連ブレジネフ共産党政権はチェコのアレクサンデル・ドプチェク党第1書記が主導する自由化路線(通称「プラハの春」)を許さず、ワルシャワ条約機構軍を派遣し、武力で鎮圧した。あれから今月20日で50年目を迎える。 旧ソ連共産党政権の衛星国だった東欧諸国で195…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 家庭

上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授が指導する「水島ゼミ」は、大学生に小さなビデオカメラを持たせ、この世の中にある何らかの社会問題を映し出すドキュメンタリーの作品づくりを指導している。 若者たちが社会の持つリアリティと向き合い、最前線で活動する人々と出会うことによて、社会の構図や真髄を自ら把握していってほしいという取り組みだ。そんな若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 非生産性 とは…

 自民党の杉田水脈衆議院議員がLGBT=性的少数者について「生産性がない」などと月刊誌に寄稿し、与野党から批判が相次いだ問題について、所属派閥の細田会長は、この先は杉田氏本人が対応すべきという考えを示しました。  「党の執行部に一任をしていて、党として方向が出たものと承知している。あとは本人がどう対応されるかという問題だと思う」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 被災地 ストレス

被災地でのストレス、ボランティアら支援者も注意を 朝日新聞デジタル 8/4(土) 16:51|Yahoo!ニュース Twitter Facebook LINE ■支援通信  被災者の役に立ちたいと、ついつい無理を重ねてしまいませんでしたか? 災害時には、支援にあたったボランティアや警察官、消防士、自衛隊員らも大きなス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 貧困

アジア支援に賭ける日本人男性の決意 クロントイの港の周辺の運河沿いのスラム。バンコクには2,000ヶ所のスラムがあり、約210万人が暮らす=八木沢克昌撮影 最初は、半年のつもりだったのが1年、2年それが5年。さらにタイに暮らしバンコク最大のクロントイ・スラムを拠点にアジアの人々を支えるNGO「シャンティ国際ボランティア会」の活動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ カルト宗教

今回ご紹介するのは、アメリカのキリスト教系カルト教団で生まれ育った女性。27年間の月日を教団で過ごした後、意を決して脱退したというのだ。 そんな女性が海外サイト『Reddit』に降臨し、どのように教団が変であることに気付き、どうやって逃げ出したかなどを、人々から寄せられた質問に答えながら明かしていた。その質疑応答30選をご紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more