【和田心理カウンセラー!!】

アクセスカウンタ

zoom RSS ★<名古屋大病院>がん3年放置 30代患者、肺に転移し死亡

<<   作成日時 : 2013/03/13 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


<名古屋大病院>がん3年放置 30代患者、肺に転移し死亡毎日新聞 3月13日(水)13時33分配信

 名古屋大病院(名古屋市昭和区)は13日、口腔(こうくう)内のがんと診断して手術をすると決めていた愛知県の30代患者に、08年から3年間入院の連絡をしないまま放置し、患者が死亡したと発表した。病院が賠償金を支払うことで遺族と示談が成立しており、記者会見した松尾清一病院長は「ご遺族に心より謝罪する。病院全体のシステムを見直す」と話した。

 病院によると、患者は初期のがんで、予定通り手術をしていれば完治していたという。

 患者は08年3月にかかりつけ医からの紹介で名大病院を受診。担当医はがんの疑いと診断し、手術をすることを説明して「入院日が決まったら連絡する」と伝えたが、その後連絡していなかった。

 患者は連絡がないまま、かかりつけ医で治療を受けたが、病状が悪化したため、11年4月に名大病院を再び受診した。その際に入院手続きがとられていないことが発覚し、翌月に手術を受けた。だが、がんの肺転移による呼吸不全のため12年4月に死亡した。

 入院手続きは本来、担当医が入院申し込みの書類をファイルにとじて、書類を別の医師が見て入院手続きを始めるが、このケースは書類が残っていなかったという。担当医は当時の経緯について病院に「記憶にない」と話しているという。【岡村恵子】




朽ちていった命?被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
新潮社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朽ちていった命?被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★<名古屋大病院>がん3年放置 30代患者、肺に転移し死亡 【和田心理カウンセラー!!】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる