「ひきこもり」調査の件

最近、行政が民生委員に委任し調査を全国的に行う様です。これは当事者ご家族に多大な心配を与えている様です。ひきこもりの線引きも不確定な段階での着手は違和感を感じます。
コメント:0

続きを読むread more

■ひきこもり

行政は「ひきこもり」に対して全国的に調査を始める様です。何か不安な方いつでも相談にのります。メールでお願い致します。■和田心理カウンセラー
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 里親制度

激しい虐待などで、実の親と暮らすことが難しくなった子どもは、児童福祉施設や里親に託されます。政府は家庭的な環境で子どもたちを育てられるよう、施設での養護から里親への移行を進める方針です。しかし里親など、家庭的な環境で育てられている子どもは、2016年度末の全国平均で18.3%にすぎません。 【関連画像】虐待を受けた子を含め5人の里…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 貧困

 健康保険証がなかったり、診察代が払えないといった理由で病院に行けないまま症状が悪化し、埼玉県内で去年、5人が死亡していたことがわかりました。  午前3時。夜明け前から鶏にえさをやるのは埼玉県に住む71歳の男性です。月5万円の年金と養鶏で得た数万円の収入で、生活をしています。  養鶏場の事務所に置かれていたのは妻の遺骨。去年10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ ゆるキャラは大変

町  猛暑のピークは過ぎたようだが、残暑も厳しくなりそうな今夏。地域の魅力をPRするゆるキャラたちも、熱中症対策が欠かせない。着ぐるみの中はサウナのような暑さになるため、10~15分に1回は休憩を取り、小まめに水分を補給するという。ただ「『中の人』はいない」という設定のキャラクターが多く、「人前での水分補給が難しい」との苦労も。夏休み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ プラハの春

旧チェコスロバキアで1968年、民主化を求める運動が全土に広がった。しかし、旧ソ連ブレジネフ共産党政権はチェコのアレクサンデル・ドプチェク党第1書記が主導する自由化路線(通称「プラハの春」)を許さず、ワルシャワ条約機構軍を派遣し、武力で鎮圧した。あれから今月20日で50年目を迎える。 旧ソ連共産党政権の衛星国だった東欧諸国で195…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 家庭

上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授が指導する「水島ゼミ」は、大学生に小さなビデオカメラを持たせ、この世の中にある何らかの社会問題を映し出すドキュメンタリーの作品づくりを指導している。 若者たちが社会の持つリアリティと向き合い、最前線で活動する人々と出会うことによて、社会の構図や真髄を自ら把握していってほしいという取り組みだ。そんな若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 非生産性 とは…

 自民党の杉田水脈衆議院議員がLGBT=性的少数者について「生産性がない」などと月刊誌に寄稿し、与野党から批判が相次いだ問題について、所属派閥の細田会長は、この先は杉田氏本人が対応すべきという考えを示しました。  「党の執行部に一任をしていて、党として方向が出たものと承知している。あとは本人がどう対応されるかという問題だと思う」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 被災地 ストレス

被災地でのストレス、ボランティアら支援者も注意を 朝日新聞デジタル 8/4(土) 16:51|Yahoo!ニュース Twitter Facebook LINE ■支援通信  被災者の役に立ちたいと、ついつい無理を重ねてしまいませんでしたか? 災害時には、支援にあたったボランティアや警察官、消防士、自衛隊員らも大きなス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 貧困

アジア支援に賭ける日本人男性の決意 クロントイの港の周辺の運河沿いのスラム。バンコクには2,000ヶ所のスラムがあり、約210万人が暮らす=八木沢克昌撮影 最初は、半年のつもりだったのが1年、2年それが5年。さらにタイに暮らしバンコク最大のクロントイ・スラムを拠点にアジアの人々を支えるNGO「シャンティ国際ボランティア会」の活動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ カルト宗教

今回ご紹介するのは、アメリカのキリスト教系カルト教団で生まれ育った女性。27年間の月日を教団で過ごした後、意を決して脱退したというのだ。 そんな女性が海外サイト『Reddit』に降臨し、どのように教団が変であることに気付き、どうやって逃げ出したかなどを、人々から寄せられた質問に答えながら明かしていた。その質疑応答30選をご紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 不安感 ひきこもり

――子どもが不登校になった。 多くの親にとって、それはとても苦しい出来事だろう。 ただ、小中高の不登校は合わせて18万人、39歳以下のひきこもりは54万人という社会の中で、特別に珍しい話ではない。同じような経験をしている方はたくさんいるが、周囲に明かさない方も多いため、見えづらいだけだ。 前回の記事「『じつはうちの子、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 不安感 ユング

「心理学」が学びやすい日本 心理学。 それは、人の心の中身、人の心の「仕組みや動きの法則」を知ろうとする学問です。つまりは、人の心を研究する「科学の一ジャンル」です。 だから私たちは、心理学によって、「なるほど。『人間の心』とは、元はこういうもので(元型)、こういうふうに育ってきて(過去)、こういうふうにできあがったのか(現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 不安感 自殺

世界では約40秒に1人、自ら命を絶っている……。これは2014年に世界保険機構(WHO)が発表した「世界の自殺者の数」だ。毎年約80万人にも上るという。 命を絶つことを決心したとき、人はどんな苦しみや思い、葛藤なんかを身の内に抱えているのだろうか? 今回は、海外サイト Reddit にて自殺で生き残った人々が告白した「最後の瞬間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム ひきこもり うつ病

東海道新幹線の車内で男女3人が殺傷された事件で、逮捕された小島一朗容疑者(22)について、横浜地裁小田原支部は、鑑定留置を認めた。 小島一朗容疑者は6月9日夜、神奈川県内を走行中の東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人の首などをナタで刺し、会社員の梅田 耕太郎さん(当時38)を殺害し、女性2人に重軽傷を負わせた疑いで逮捕されている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 不正

ソフトバンク特典 東京医科大幹部ら入試加点に関与 受託収賄 7/5(木) 10:41 1437 日本テレビ系(NNN) エラーコード:1002100 ご利用の環境では、映像を快適にご視聴できない可能性があります。 詳しくはヘルプをご確認ください。 Nippon News Network(NNN) 文部科学省の前局長が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム いじめ

小5女児自殺はいじめ要因 蹴られ、仲間はずれ 兵庫・多可の第三者委調査報告書 産経新聞 7/2(月) 17:03|Yahoo!ニュース Twitter Facebook LINE  兵庫県多可町で昨年5月、小学5年の女子児童=当時(10)=が自殺した問題で、町教委が設置した第三者委員会は2日、調査報告書を公表した。女児が同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム ひきこもり

人とは違う見た目のため、好奇の目にさらされ、学校や就職、結婚で差別にあう「見た目問題」。上映中の映画「ワンダー 君は太陽」では、遺伝子の疾患で顔が変形した10歳の少年オギーが、見た目に悩む姿が描かれています。この映画を鑑賞した江原小学校(東京都中野区)の6年生68人が6月下旬、特別授業で、オギーと同じ疾患を持つ大学院生、石田祐貴さん(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 通り魔

 自らの命を犠牲に、刃物を振り回す男から乗客2人の命を救った梅田耕太郎さん。勇気ある行動をとった彼の半生を振り返りたい。元同僚や同級生が明かした、知られざるエピソードを紹介する。 刺されても立ち向かった  「梅田君は、普段は大人しくて穏やかですが、困っている人を見ると、積極的に手を差し伸べてくれる人でした。今回の彼の行動も、考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 不安感 うつ病

うつ病を治療しないで放っておくと、どうなるのでしょうか? 治療しないと他の病気と同じように、うつ病の症状も次第に悪化していきます。そして、状態が悪くなってから治療をはじめても、治療の成果がなかなか上がらず、治療の期間も長くなってしまいます。 また、うつ病はきちんとした治療をしないと、今は何とかふんばって仕事を続けていたり、家事をするこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 社会システム 親権

「もうおねがい ゆるして」  照明もないアパートの一室で、五歳の女の子がひらがなで綴ったSOS。目黒区で虐待により女児が命を落とした痛ましい事件には、涙を禁じ得ない。厚労省の発表では子供の虐待死は年間五二人(二〇一五年度)だけど、日本小児科学会によれば実は年間約三五〇人にものぼる。悲惨な事件はなぜ、防げないのかしら。  今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more